そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド

そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
押さえたい賃貸経営4つのポイント
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 賃貸経営の救世主!無料広告サービス・ウチコミ!とは

需要減少期を乗り越える賃貸経営テクニック

本サイトでは、賃貸アパートや賃貸マンションのオーナー(大家さん)に対し、賃貸経営で効率的な運用を行うために押さえておきたい情報をまとめています。

特に、次のような課題や要望を持っているオーナーには、おすすめです。

  • 空室が続いている、空室率が高い
  • 不動産会社が、自分の物件の魅力をアピールしてくれない
  • 入居者募集の広告チャネルを増やしたい
  • 借主のニーズを知りたい

…といった方々に、失敗しない賃貸経営の方法や、これからあるべきオーナーの姿勢など、有益な情報をお伝えできればと思います。

賃貸経営の流れ

まずは、賃貸経営の流れを解説。

賃貸経営とは、購入した物件を賃貸アパート・賃貸マンションとして貸し出し、家賃収入を得る資産運用法です。

物件の立地条件や外観デザイン、設備など、ここならば入居者が絶えないと想定できる物件を購入し、入居者募集から各種手続き、家賃回収、更新・退去手続き、物件のメンテナンス、さらには空室対策に至るまでを管理します。

ただ実際には、こうした業務は賃貸管理会社に委託しているオーナーが多いかと思います。

賃貸経営の要・空室対策について

こうした業務のなかで、オーナーがいちばん重要視する項目は「空室対策」ではないでしょうか。賃貸経営にとって最も大切なことは、借主の心理を捉えた空室対策を行い、空室リスクを回避することです。

空室リスクはその物件の立地条件で決まる、とよく言われますが、いい立地に恵まれていても空室リスクはゼロとは言えません。

どのような物件でも古くなれば魅力は目減りしますし、周辺環境が悪い方に変わる(最寄りのコンビニ・スーパーが潰れる等)こともあるでしょう。

ローンを抱える多くのオーナーにとって、空室は赤字と同義です。こうしたリスクを避けるためにも、信頼できる不動産会社などと連携してさまざまな空室対策を柔軟に行い続けることが重要です。

高まる空室リスクと不動産取引の規制緩和

日本はすでに人口減少期を迎えています。

ワンルームなど単身者向けの賃貸需要は今も伸び続けていますが、それも近い将来頭打ちになり、東京都心部でさえ2030年前後からは減少していくと予測されています。

こうした中で、オーナーも中長期的な戦略を考えて早いうちに手を打たなければ、10~15年後には生き残っていないかもしれません。

一方で、これをビジネスチャンスに変えられる動きが国の法律で決まろうとしています。国土交通省が2015年から、ウェブ上での不動産取引の解禁を検討しているのです。

規制緩和により、ウェブを活用した新しい形の取引が可能になることで、今後の賃貸ビジネスは大きく変わってくるかもしれません。

 

時代にマッチした新しい賃貸広告サービスの登場

そんな時代の幕開けを前に、最近ウェブを活用した新形態の賃貸広告媒体が登場しています。そのひとつが「ウチコミ!」というサービスです。

「ウチコミ!」は、オーナーと入居希望者が直接交渉できる、いわば賃貸物件のフリーマーケットともいえる場をウェブ上に提供しています。

ブログやSNSの感覚で直接入居希望者にアプローチできるため、物件に対するオーナーのこだわりやアピールポイントなどを、余すことなく伝えることが可能。

また、オーナーの負担は成約時に仲介手数料を支払うだけで、登録料や物件の掲載料(広告料)などは一切無料となっているのも見逃せません。「成果が出た分を徴収する」という、ウェブならではの合理的かつ透明性の高い取引が実現されているのです。

本サイトでは、情報化時代における賃貸広告サービスの代表格として、このウチコミ!についても特集しています。空室対策のために入居者募集の広告チャネルを増やしたい方や、もっと物件を差別化してアピールを図りたい方などは、ぜひ参考にしてみてください。

特集 賃貸経営の救世主!無料広告サービス・ウチコミ!とは
オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーのための無料賃貸広告「ウチコミ!」をチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド