そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは

SUUMO(スーモ)

CMでも有名な「SUUMO(スーモ)」は、国内最大級の住宅情報ポータルサイトです。賃貸物件を掲載する方法や入居者からのメリットを紹介します。

「SUUMO(スーモ)」賃貸経営オーナー向け情報

株式会社リクルート住まいカンパニーが運営する「SUUMO(スーモ)賃貸」は、全国650万件を超える賃貸物件情報を掲載しているほか、「賃貸部屋探しマニュアル」「申し込み・契約のチェックポイント」「引っ越し完全マニュアル」などのコンテンツも揃っており、豊富な情報量が特徴です。

SUUMO(スーモ)に賃貸物件情報を掲載したい場合、不動産会社を仲介する必要があります。オーナーが直接SUUMOに掲載することはできないので、入居者募集を委託している不動産会社に広告料(AD)を支払います。基本的にオーナーは、委託した不動産会社がどこの媒体に掲載するかは決められません。

現在SUUMOのサイトには、賃貸募集にかかる費用の記載がありません。不動産会社からの問い合わせのみの対応となっているようです。

SUUMO(スーモ) 賃貸募集にかかる費用
「SUUMO(スーモ)」の公式ページ画像
  • 登録料:サイトに記載なし
  • 掲載料:サイトに記載なし
  • 利用料:サイトに記載なし
  • 成約時:サイトに記載なし
※仲介する不動産会社にADを支払います
システムの特徴 サービス内容
  • サイトに掲載されている物件数:650万件以上
  • 物件情報更新は、1日に4回
※不動産会社が契約し使用するシステムです
  • 物件掲載:不動産会社を仲介
  • 掲載できる数: サイトに記載なし
  • 内見・契約業務:不動産会社に依頼

「SUUMO(スーモ)」賃貸経営オーナー(大家さん)のメリット

  • 多くの入居希望者が集まるサイト
  • メリットの反面デメリットにもなる

SUUMOは利用者が多いので、オーナーの物件を見てもらえる(希望物件検索に引っ掛かる)可能性も高くなりますが、掲載物件の数も多いので埋もれてしまうおそれもあります。

「SUUMO(スーモ)」利用者からの評判

  • 検索機能が豊富なため、自分の希望する物件を細かく探すことができる
  • 現地に行く前に、サイト上で地域の口コミ情報も調べられる
  • 動画が付いている物件情報が多いので、サイト上で簡単な内見ができる

「SUUMO(スーモ)」の運営会社

  • 社 名:株式会社リクルート住まいカンパニー
  • 設 立:2012年10月1日
  • 所在地:東京都中央区八重洲二丁目八番一号 日東紡ビルディング
オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド