そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは
賃貸経営ガイド トップページ » 大家さん必見!不動産会社9社のサブリース契約まとめ

大家さん必見!不動産会社9社のサブリース契約まとめ

このカテゴリでは、不動産会社各社のサブリース契約について、大手~中小まで幅広く調査し、各企業の特徴やメリット・デメリットをまとめました。

9社分のリサーチ結果を掲載していますので、サブリースについて比較検討したいオーナーは必見です。

サブリース会社とは

大家さん(部屋を貸したい人)が、サブリース会社へ管理や運営など全てお任せし、そのサブリース会社が入居者(部屋を借りる人)を探すシステムです。本来大家さんが行うことを、全てサブリース会社が代わりにやってくれる(一括借り上げ)ということ。

マンションの場合、空室が出たときにかなりのリスクを負いますが、サブリース会社へ依頼するとその心配はいりません。毎月支払われる金額を契約したら、空室が出たり、家賃が下がったりした場合でも同じ金額が支払われます。

仲介会社とは

大家さん(部屋を貸したい人)と入居者(部屋を借りたい人)を繋ぐ役目をしているのが仲介会社。部屋を貸したい大家さんから入居者の募集依頼を受け、募集条件に合ったお客様に物件を紹介するシステムです。

広告を出して広い範囲に知ってもらうため、個人で募集するよりも時間や手間がかかりません。仲介会社は大家さんと入居者の契約が成立した場合に発生する「仲介手数料」から収入を得ており、費用は多くても家賃1ヶ月分。例えば家賃が10万円だった場合、仲介手数料も10万円になるということです。

管理会社とは

管理会社は、入居者が決まった後にさまざまな対応をする会社です。例えば、督促や家賃集金、報告書の作成など。その他クレームの対応から、物件のメンテナンスまで管理会社が対応します。よく仲介会社と同じものと認識している方がいますが、まったく別の仕事なのです。

管理会社とは長い付き合いになるので、慎重に選ぶようにしましょう。すべての物件に仲介会社がつくのではなく、大家さん自身が物件の管理をしたり、仲介会社と管理会社の両方を受け持つ会社があったりします。

各不動産によって、経営の形態が異なります。今回紹介する不動産会社9社を見比べて、自分の目的に合った会社を探してみましょう。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド