そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは

東建コーポレーション

東建コーポレーションのサブリースの特徴や利用するメリットを紹介します。

東建コーポレーションの賃貸経営オーナー向け情報

東建コーポレーションは、主力である賃貸アパート・マンションの建設のほか、賃貸仲介サービス「ホームメイト」チェーンの展開や賃貸経営代行サービスも行っています。

住宅設備メーカーのナスラックをグループ会社に持ち、建設から室内家具まで幅広く住宅建築に携わっていることが強みです。

東建コーポレーションのサブリースは、オーナーから賃貸建物を一括で借上げ、入居者とのやり取りや入居に伴う手続きから建物管理まで、すべてオーナーに代わって代行してくれます。

家賃も一括で支払われるため、賃貸経営に伴う煩わしい手続きや手間が長期に渡って省けることが魅力です。

また、サブリースにも2種類あり、それぞれメリット・デメリットが違います。経営戦略に応じてどちらかを選べることが、東建コーポレーションのサブリースの特徴です。

「賃料固定型」は、実際の貸し出し賃料が変動してもオーナー側に支払われる金額は固定となっています。月々の収入が固定されているため安定した収入を得ることができ、経済情勢の影響も受けづらい、一般的な契約方法になります。

「実績賃料連動型」は、実際の貸し出し賃料が変動した場合にオーナー側に支払われる賃料も変動する契約内容になります。

こちらは賃料の増額が見込める分減額の可能性もあり得るため、リスクが伴います。安心して契約したい方は、賃料固定型を選ぶのがよいでしょう。しかし、他の管理会社ではほとんど取り扱っていないシステムですので、安定して入居率が高く、少しでも収入を増やしたい場合は検討してみる価値はあるでしょう。

東建コーポレーションのサブリースを利用するメリット

  • 一括借上によって、安心して安定した賃貸経営が可能
  • 入居者との手続きや建物管理はすべて代行してくれる
  • 賃貸オーナーの経営戦略に合った賃料の受け取り方を選べる

東建コーポレーションのサブリースのサービス内容

  • 入居者募集
  • 入退去時の手続き
  • 賃貸経営に伴う各種問い合わせ対応
  • 建物管理全般

東建コーポレーション 基本情報

社名:東建コーポレーション株式会社

設立:1976年7月17日

所在地:名古屋市中区丸の内2丁目1番33号 建本社丸の内ビル

サブリースを決断する前に!自分で空室対策できる方法「ウチコミ」とは?>>

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド