そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
賃貸経営ガイド トップページ » 賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~

賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~

賃貸経営で最重要課題ともいえる空室対策についてまとめています。

勝ち組賃貸経営オーナーの空室率の抑え方

まず、空室率の低い物件とはどのような物件でしょうか。

それは、立地やデザイン、築年数など、魅力的な条件を満たした資産価値の高い物件。つまり借主に人気のある物件です。

そのために、さまざまな対策を取られているオーナーも多いかと思います。
例えば、リフォームやリノベーションを施して物件の魅力を保つ、あるいは不動産会社に物件の広告をお願いして立地をアピールする…など。

しかし、借主は本当に立地やデザイン、築年数だけを重視しているのでしょうか?

都市部への一極集中によって賃貸需要が高まっていますが、借主が増えれば、必然的に求める物件の条件も多様化しているはずです。

表に出す情報を絞りすぎ、本当にその物件を必要としている借主に魅力が伝わっていない可能性もあるのではないでしょうか。

このような視点も踏まえつつ、一般的に行われている空室対策について解説していきたいと思います。

借り手の絶えない魅力的な物件を維持するには?

空室対策には、その物件に付加価値をつけることが重要です。

借主を呼び込むためのリフォームやリノベーションについて検討することはもちろん、

物件の魅力を分析し、借主のニーズを抑えた賃貸経営を行いましょう。

内装・設備への配慮についてチェック

賃貸経営を成功に導く好条件の立地とは?

一般的には、利便性の高い場所にある物件を選ぶことで、空室率を抑えることができるとされています。

ただし、この条件がどのエリアでも通用するとは限らず、地域情報を収集することや、その地域の将来性も考慮する必要があります。

周辺環境についてチェック

客付け業者との上手な付き合い方は?

不動産会社には、他社物件を紹介する「客付け業者」と呼ばれる会社もあります。

様々な広告ノウハウを活用して賃貸物件の広告活動を代行してくれる一方で、「お金を払っているのに一向に空室が解消されない」といったリスクには、オーナー自身で対処していかなければなりません。

見逃しがちな客付け業者の重要性をチェック

賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi

【免責事項】
「そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド」は、個人が情報を収集しまとめているサイトです。
情報は2017年6月のものですので、最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド