そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは
賃貸経営ガイド トップページ » 賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~

賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~

賃貸経営で最重要課題ともいえる空室対策についてまとめています。

勝ち組賃貸経営オーナーの空室率の抑え方

賃貸経営をレクチャーする女性のイメージまず、空室率の低い物件とはどのような物件でしょうか。

それは、立地やデザイン、築年数など、魅力的な条件を満たした資産価値の高い物件。つまり借主に人気のある物件です。

そのために、さまざまな対策を取られているオーナーも多いかと思います。
例えば、リフォームやリノベーションを施して物件の魅力を保つ、あるいは不動産会社に物件の広告をお願いして立地をアピールする…など。

しかし、借主は本当に立地やデザイン、築年数だけを重視しているのでしょうか?

都市部への一極集中によって賃貸需要が高まっていますが、借主が増えれば、必然的に求める物件の条件も多様化しているはずです。

表に出す情報を絞りすぎ、本当にその物件を必要としている借主に魅力が伝わっていない可能性もあるのではないでしょうか。

このような視点も踏まえつつ、一般的に行われている空室対策について解説していきたいと思います。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド