賃貸経営ガイド トップページ » 賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~ » 周辺環境について

周辺環境について

マンション・アパートの賃貸経営で空室リスクを抑えるのに重要視される条件の1つが、立地です。賃貸経営を成功に導く立地とは、どのような所なのかをまとめました。

アパート・マンションの空室リスクを抑えるには?

賃貸経営の前段階・立地について空室率の低い物件の条件の1つに、立地に恵まれていることが挙げられます。

駅から近い、スーパーやコンビニエンスストアが近い、金融機関や病院などが近い、学校が近い…など。

利便性の高い場所にある物件を選ぶことで、空室率を抑え安定した家賃収入が見込めるというわけです。

地域情報を積極的に収集する

ただし、上記の条件がどのエリアでも通用するとは限りません。そのエリアに住む入居者は、どんな人が多いのかといった属性を調べることも重要です。

例えば、ファミリータイプの賃貸物件であれば、近くに小中学校があることが重視されるでしょう。

一人暮らしでも女性向けの投資マンションを検討しているのであれば、街灯で夜でも明るくて安心であるとか、美容院など女性が立ち寄りそうなお店が近くにあるといった点などもチェックしたい項目です。

このように、単身層かファミリー層か、社会人か学生か、男女比率はどうか、といった地域住民の傾向を把握して、そのエリアで需要が続きそうな外観や間取りの物件を見極めることが、賃貸経営で成功する重要なカギとなります。

将来性も検討する

物件の周辺に、再開発の計画や新しい鉄道網ができる計画などの情報がないかも、チェックしておきたいところです。

近くに大型商業施設ができる予定であれば、将来賃貸需要が高まることも予想できます。逆に、物件の隣に大きなビルが建ち日当たりが悪くなる…などマイナスの影響も把握できます。

マンション・アパートの賃貸経営は長期にわたる投資ですから、将来性を見極めることも重要な要素なのです。

管理スタイル徹底比較