そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは

内装・設備への配慮

賃貸経営を安定させ続けるためには、一定の時期がきたらリフォーム/リノベーションなど、オーナーが積極的に物件にテコ入れをすることが重要だと言われています。

その具体的な方法から、借り手の絶えない魅力的な物件について考えてみましょう。

賃貸経営を軌道にのせる魅力的な物件とは?

空室対策でよく言われるのが、物件の差別化というフレーズ。

賃貸経営が軌道に乗っているイメージ借主を呼び込むため、物件になにかしらの魅力を追加し、集客を図ろうというわけです。

例えば古びた物件の内装をオシャレにしたり、ウォシュレット等を追加して利便性を高めたりといったリフォームやリノベーションが、その最たるもの。

とはいえ、リフォームやリノベーションには安くない費用が掛かります。

借主心理をしっかり押さえて、新たな投資が無駄にならないよう、細心の注意を払う必要があります。

リフォーム・リノベーションの前に物件の魅力を見直すことも大切

リフォームやリノベーションの前に、まず物件について見直してみることも重要です。

内装や設備面に関しては、実は大家さんや不動産会社が考えているほど借主は重視していないこともあるのです。

例えば下町然とした街並みにある物件に、本当にオシャレなリフォームを施す必要があるでしょうか。

それよりも、リフォームに掛かる費用分を家賃の割引に充てるなど、よりニーズにマッチするであろう手段を取る方が、効率的に空室対策できるはずです。

空室対策の基本は、入居者のターゲティングです。リフォームやリノベーションの目的も、究極的にはターゲティングした入居者にアピールするフックを作ることです。

自分が抱える物件の魅力にマッチするのはどのような入居者なのか、オーナー自身がしっかりターゲティングして広告活動することも、今後は大切になっていくものと思われます。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド