そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは

見逃しがちな客付け業者の重要性

賃貸経営の重要なパートナーである客付け業者との付き合い方や、オーナー自身が行える空室対策などに関してまとめています。

不動産投資の客付け業者の目線を知る

不動産会社には、自社物件を多く扱うところもあれば、自社物件を持たず他社物件を紹介することで収益をあげている「客付け業者」と呼ばれる会社もあります。賃貸経営の要・空室対策を行う客付け業者のイメージ

客付け業者は、入居者募集をメインの業務としているだけあって、様々な広告ノウハウを持っています。

そのノウハウを活用して賃貸物件の広告活動を代行してくれるわけですが、一方で「お金を払っているのに一向に空室が解消されない」といったオーナーの不満があることも事実。

単純に需要がなくて空室が埋まらない、ということも考えられますが、そうではないケースも少なくありません。

客付け業者も利益がなければ業務ができませんから、空室が埋まりやすい魅力的な物件を優先して営業を行います。そのためどうしても、物件力の弱いオーナーはもどかしい思いをすることになってしまうのです。

そういった場合は、広告費を多く出して積極的に広告活動してもらうか、以下のように、自分自身で行動を起こして空室対策を行っていくことが重要になります。

オーナーも積極的に行動することが重要

あまりに空室が続くようなら、客付け業者に直談判したり、思い切って業者を変えてみるのも一つの手段です。

自分でチラシを作って大学などに撒いたり、リフォームについて勉強して、低コストで物件のテコ入れをするという手もあります。

オーナーが直接物件を紹介できる無料のウェブ広告サービスなども登場していますので、そうしたツールを利用してみるのもオススメです。

空室対策を業者に任せきりにするのは、大空室時代ともいえる現代では得策ではありません。肝心なのは、オーナー自身でも行動を起こすこと、それが今の時代の賃貸経営に求められる重要なファクターと言えます。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド