そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは

家賃収入

賃貸アパート・賃貸マンションなどの賃貸経営の収入源となる、家賃収入と利回りについて説明します。

賃貸経営を成功させるカギ・利回りを正しく理解する

賃貸経営とは、購入した物件を賃貸アパート・賃貸マンションとして貸し出し、家賃収入を得ることで経営していく資産運用法です。

そのため、得られる利益の割合である「利回り」の高い物件に目が行くのは、自然な流れです。ここで賃貸経営のカギを握る利回りについて、正しく理解しておきましょう。

利回りは、大きく2つに分けられます。「表面利回り」と「実質利回り」です。それぞれの違いは、以下の通りです。

表面利回りとは

  • 計算式:年間賃料の合計÷購入価格×100

表面利回りとは「グロス」とも言い、家賃収入で得られる年収を物件の購入価格(投資した価格)で割ったものを指します。

賃貸アパート・賃貸マンション経営における重要な数字で、その物件の収益力を知る指標となります。ただし、表面利回りには税金や諸費用などの支出は考慮されていません。

実質利回りとは

  • 計算式:(年間賃料の合計-支出)÷購入価格×100

実質利回り(ネット利回り)とは、家賃収入で得られる年収から諸経費を引いた額を、物件の購入価格で割ったものです。

実際に得られる収益を算出するには、実質利回りで計算したほうがより理に適っています。

このように、「表面利回り」は見かけ上の利益で、懐に入る数値に近いのは「実質利回り」の方なのです。

築年数の古い賃貸アパート・賃貸マンションでは修繕積立金などの支出部分が高いため、表面利回りは10%を超えていても、実質利回りは5%にも満たないというケースもあります。

購入を決める際には、実質利回りを必ず計算してから検討しましょう。

入居者探し、不動産会社まかせで大丈夫?!

実質利回りがよくても、当然の話ですが、入居者を見つけられなければ家賃収入を得ることはできません。

空室対策というと、基本的に不動産会社頼みのものとイメージもあるかも しれません。しかし、全て不動産会社にまかせていて、なかなか空室が埋まらないこともあります。

近年、webを用いてオーナーが直接入居者を探せる広告手法が解禁になり、「ウチコミ!」という賃貸物件サイトは、物件のことを一番よく知っている大家さんが無料で広告を掲載できるだけでなく、入居希望者と直接やりとりができるサイトです。

不動産会社まかせでは中々入居者が見つからないという大家さんは是非「ウチコミ!」を試してみてはいかがでしょうか。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド