そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは

節税

アパート賃貸経営、マンション賃貸経営のメリットの一つに節税効果が見込めることが挙げられます。具体的にどのような税金がどれくらい抑えられるのか紹介しましょう。

他の投資では得られない賃貸経営の節税効果とは?

不動産投資、とりわけアパート賃貸経営・マンション賃貸経営には、株など他の投資では得られないメリットが多々あります。その代表的なものが「節税効果」です。

賃貸経営で節税するイメージまずは、所得税について。賃貸経営には、固定資産税・管理費・修繕積立金などさまざまな経費がかかります。また、減価償却費やローンの利息なども考えねばなりません。

こうした経費が年間の家賃収入を上回った場合、確定申告で「損益通算」を行うことができます。

損益通算とは、所得から賃貸経営で出た赤字分を差し引くこと。つまり、課税評価額を抑えることができるため、節税効果が見込めるというわけです。

特にアパート賃貸経営、マンション賃貸経営を始めた年(不動産を取得した年)には、購入にかかる諸経費や減価償却費を計上できることもあって、節税効果が高く見込めます。

相続税でも節税が見込める

所得税以外に、相続税についても節税効果が見込めます。
現金・株券などを相続する場合は、ほぼすべてが課税対象です。

しかし不動産投資を行っている場合、その不動産価値は購入時よりも低く評価されることになります。大まかな目安では、土地ならば70~80%。建物なら30~70%ほどに割り引かれるようです。

例えば2000万円を現金でそのまま相続した場合と、2000万円で購入した不動産を相続した場合を考えてみましょう。相続税率を15%とすると、少なくとも90万円は節税できることになります。

  • 現金…2000万円×0.15 = 300
  • 建物…1400万円×0.15 = 210 ※評価額30%減で計算。

少々乱暴な計算ですが、このような理由で不動産投資は相続税対策にもなるのです。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド