賃貸経営ガイド トップページ » 見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意

見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意

空室率を低く抑えるための賃貸経営ノウハウについて調査し、まとめてみました。

効率的な空室対策を徹底検証!

賃貸経営において、空室率が高いというのは致命的です。

しかし、現実に空室対策がうまくいかず悩んでいるオーナーは少なくないのではないでしょうか。
総務省が行っている「住宅・土地統計調査」によると、日本の賃貸物件における空室率は18.7%というデータを公表しています。(平成20年時)。おおよそ6件に1件の賃貸物件が空室という現状を考えると、オーナーが何かしらの打開策を打たなければ空室地獄から逃れられないのは明白です。

では、具体的にどのように動けば空室リスクを回避できるのでしょうか。

まずなにより大切なのは、所有物件の何が問題なのか、空室の原因を徹底追究することです。物件そのものに問題があるのか。もしくは、契約している不動産会社の広告活動にあるのか。

原因さえ突き止められれば、オーナー自ら何かしらの対策を打てます。肝心なのは、オーナー自らが賃貸経営をコントロールすることなのです。

そのためにオーナーが知っておくべきであろう知識を、下記のページにまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

主だった空室対策の種類を知る

空室となる物件は、多くの場合、物件自体に問題があるのではありません。

もちろん、リフォームが必要な場合もありますし、家賃、敷金、礼金などが地域相場に合っていない場合もあります。

しかし、それらは改善の余地がある問題であり、金銭面の折り合いがつけばすぐに実施可能な対策でもあります。

もっとも重要な空室対策は、募集の窓口を増やす、ということ。近年は、オーナー自身が窓口を開設するなど、さまざまな選択肢があります。ぜひご参考に。

  • 賃貸広告を打つ
  • 広告を打つことで、多くの入居者に物件情報を届けましょう。

  • 敷金・礼金などを下げる
  • 継続収入となる家賃を下げるのは極力避けて、敷金や礼金を下げたり、家賃1カ月をサービスしたり、入居者のお金周りの問題を解消することで契約に繋がります。

  • 入居条件の緩和
  • ペット不可や外国人不可などの入居条件は、間口を狭めてしまっているケースもあります。入居条件を見直すことで、新たな入居希望者の獲得につなげましょう。

  • リフォームやリノベーション
  • 壁紙の張り替えや、フローリングの交換は、少ない投資資金でもできてイメージアップに効果的です。

主な空室対策について詳しくみる

賃貸管理会社の仕組みを知る

賃貸管理会社のちがいによって、空室率に大きな影響を与えることがあります。

同じ賃貸管理会社であっても、入居者募集が得意な業者と、物件管理が得意な会社とがあります。

また、たとえ入居者管理が得意な業者であったとしても、その業者が、あなたの物件の「募集の窓口を増やす」によっても入居率が大きく違ってきます。

賃貸管理会社の仕組みについて詳しくみる

借主が求める条件を知る

バナナが欲しいというお客さんに、どんなに熱心にリンゴの紹介をしても、その八百屋は儲かりません。

賃貸経営も同じ。顧客が物件に何を望んでいるのかを知ることこそ、効果的な空室対策ともなるのです。

家賃や間取りなど、通り一遍の物件情報だけを並べていては、他の物件情報のなかに埋もれてしまいます。

見込み客の求めるものを、見込み客本人からオーナーが直接聞くという空室対策も、最近ではあります。

借主が求める条件について詳しくみる

お金より人情?意外で効果的な空室対策とは

空室対策というと、リフォームや広告など、お金がかかるイメージがありますよね。

しかし、当然ながら出費はできるだけ抑えたいもの。

大きな出費をしなくても、ちょっとした工夫で空室率をぐんと下げる方法はいくつかあります。

そんな、お金をかけずに空室率を下げ、入居者を退去させないコツを紹介します。

意外だけど効果的な空室対策について詳しくみる

【番外】知らないと大損する一般媒介と専任媒介の違い

自分が購入した物件から収益をあげるためには、広く物件の存在を告知しなければなりません。
すなわち、営業です。

営業方法には、これまで「一般媒介」と「専任媒介」という2種類の方法がありました。
媒介とは、不動産仲介業者に入居者営業を一任することです。

一般媒介と専任媒介の違いについて詳しくみる

管理スタイル徹底比較