そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは

賃貸管理会社の仕組みを知る

このページでは、賃貸管理会社の仕組みについてまとめています。

賃貸管理会社の種類

一口に賃貸管理会社と言っても、メインとしている業務内容によって大きく2つのタイプに分けられます。

賃貸経営で欠かせない賃貸管理会社の種類一つは物件管理がメインの元付業者、もう一つが入居者募集がメインの客付業者です。

物件管理がメインの業者は、文字通り建物の管理がメインで、入居者募集など空室リスク対策にはあまり強くありません。

空室で悩んでいるオーナーにとって、入居者募集がメインの客付業者の力が、収益を左右する大きな要因となるわけです。

客付業者は、多彩な広告ツールを活用して入居者の募集活動を行ってくれます。

しかし、こうした客付業者に集客を丸投げしてしまうのは、あまり得策とは言えません。

自分の物件がどのように広告されているかをチェックし、その魅力を余すことなく伝えられるよう調整を図るのも、オーナーの大切な仕事なのです。

賃貸広告を出しても空室が続く理由を探る

なかなか空室が埋まらないのには、必ず理由があります。

空室がある物件の多くは、大抵何の問題もありません。しかしその一方で、何の特長もないのが、入居者が入らない原因となっていることが多いようです。

つまり入居希望者と不動産会社(客付業者)の双方から、その他大勢の物件であると認識されてしまうというわけです。

内見をする際、特徴のない不動産をまず見せ、その後に魅力のある不動産を見せる、というような慣習が客付業者にはあります。

この魅力のない物件に分類されてしまうと、成約する確率もがくっと下がってしまいます。

客付業者は、数重視で営業していることが多いです。少数を明確にターゲティングして広告を打つのではなく、広く浅く入居者を募ります。

このため、本当は何か魅力がある物件でも、多数派が魅力的と感じられない場合はそうした柔軟なアピールは中々してもらえません。

オーナーは、浅い情報でも物件の魅力が伝わるよう工夫をお願いするか、自分でも集客を図っていく必要があります。

最近はインターネットを活用した、人件費のかからない賃貸広告ツールも増えてきています。オーナーが自ら動いても、小さな労力で大きな成果を手にすることが出来る時代です。

業者に頼りきりにせず、自らも積極的に動いて空室対策に努めてみてください。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド