賃貸経営ガイド トップページ » 見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意 » 主だった空室対策の種類を知る

主だった空室対策の種類を知る

空室対策は管理会社の仕事、と思われがちですが、中にはオーナー自身でもできるものがあります。

ここでは、主だった空室対策の種類についてまとめていますので、空室が埋まらないからと管理会社を変更する前に、自分でもできる空室対策がないかチェックしてみてください。

即効性のある空室対策の方法

(1)賃貸広告を打つ

まずは、入居者向けに広告を打つことを検討してみましょう。とにかく入居者に物件情報を届けないことには始まりません。募集窓口を増やすことは、空室対策の大前提と言えます。

(2)敷金・礼金などを下げる

それでも入居者が入らなければ、お金周りに問題がないかを検討します。最初は敷金や礼金を下げたり、家賃1カ月分をサービスしたりといったことから始めます。継続収入となる家賃を下げるのは、最後にすべきです。

(3)入居条件の緩和

ペット不可や楽器不可、外国人不可などの条件を設けることで、間口を狭めていないでしょうか。入居条件を見直すことで、収益アップを図れる可能性があります。

(4)リフォームやリノベーション

大規模な工事ではなく、壁紙やフローリングを少し高いものに変えてみたり、設備をグレードアップしてみたり、少ない投資資金でできることから検討してみましょう。

管理会社の変更を検討する前に

上記に挙げた中でも最も重要な、「募集窓口を増やす」手段として、オーナー自身が効果的かつ効率的に募集をかけられる無料の広告媒体が、最近話題を呼んでいます。

それが、オーナーと入居希望者が直接やり取りをする「ウチコミ!」というウェブサービスです。

このサービスの最大の特徴は、管理会社を介さずにオーナー自身が物件の魅力を好きなだけアピールできるところ。

入居希望者からの要望もダイレクトに届くので、自身の裁量で交渉の落としどころを探ることができます。

しかも広告掲載料・登録料などは一切無料。

料金が発生するのは契約が成立した時のみで、内見・契約業務をサポートするエージェント(ウチコミ!指定の不動産会社)に規定の1カ月分の仲介手数料を支払うという形なので、広告費を無駄にする心配がありません。

なお、契約に関しては上述のとおりエージェントが仲介役として入るため、契約時のトラブルなどもなく安心して利用できる仕組みになっています。

このような、より合理的に、よりインパクトのある入居者募集の告知ができるツールを活用することも、今後の賃貸経営を安定させる手段の1つと言えるのではないでしょうか。

管理スタイル徹底比較