賃貸経営ガイド トップページ » 見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意 » 借主が求める条件を知る

借主が求める条件を知る

空室対策のひとつの手法として、リフォーム/リノベーションがあります。しかし、リフォームやリノベーションには多額の投資が必要です。これをできるだけ抑えるための手法について紹介します。

空室対策でもっとも効果的な方法とは?

空室対策で肝心なことは、借主が何を求めて物件を探しているかという情報をキャッチすることです。

賃貸経営の要・空室対策のイロハとは

空室対策のために無闇にリフォームやリノベーションをしたり、家賃を下げてみても、それが集客に繋がるかどうかは不透明。

しかし入居希望者が何を求めているのかをオーナー自身が情報収集することで、その確率を高めることができます。

例えば病院の近くにある物件なら、バリアフリーのリフォームを施せば、今後増加するであろう高齢者層に強くアピールできるかもしれません。

もちろんこれは、「バリアフリーの物件を探している高齢者層」が一定数存在することが前提ですが、単に真新しくリフォームしてその他の築浅物件と競うよりも、成約に結び付く可能性は高いのではないでしょうか。

賃貸ニーズは多様化しています。競争相手の多い条件(築浅・デザイナーズ・駅近等)を強く打ち出すよりも、その物件ならではの強みにマッチした入居希望者を呼び込む努力をすべきです。

そのためにも、入居希望者の様々なニーズに目を配り、自身の物件にマッチする層を常に意識することが大切と言えます。

物件と入居者のマッチングを助ける賃貸広告サービスも

従来の賃貸広告は、築年数や立地などの普遍的な条件を取りまとめて物件を紹介するものがほとんどでした。

しかしウェブの隆盛を受け、オーナーが把握する物件の魅力をそのまま落とし込める賃貸広告サービスも登場しています。

ウチコミ!というサービスがそれですが、特長的なのは、オーナーと入居希望者が直接やりとりできる、賃貸物件のフリーマーケットとも言える形で広告活動が行える点。

オーナーが直接情報を提供することで、入居希望者は従来の広告よりはるかに多くの物件情報を手に入れることができますし、オーナーはより効率的に、自分の物件を必要としてくれる入居希望者にアプローチできます。

自身の物件に、一般の賃貸広告ではアピールしづらい特徴があるなら、こうしたサービスを利用して入居希望者を探してみるのも、一つの手段です。

管理スタイル徹底比較