賃貸経営ガイド トップページ » 自主管理の特徴

自主管理の特徴

賃貸経営の自主管理、その特徴とは?

このカテゴリでは、賃貸経営の管理手法のひとつである自主管理にについて、その内容や特徴などをまとめています。

賃貸管理における「自主管理」とは何でしょうか?かんたんに言うと、全てオーナーが管理することです。大家さんが賃貸経営の管理業務を業者に任せず、自身や家族で行います。

しかし現実的には、入居者募集の仕事までを大家さんだけで行うのはなかなか困難。この点については、不動産会社などに依頼するのが一般的です。

この自主管理という方式は、実はひと昔前までは一般的な賃貸経営の方法でした。中小規模のマンションやアパートなどであれば、現在でもこの自主管理で行なっているケースも少なくありません。

自主管理は会社員などの本業を持たずに、大家さんとして一本でやっていくというのであれば、決して不可能ではありません。

ご自身が築いたアパートやマンションの入居者さんとのコミュニケーションを大事にすることで、大家さんの仕事に誇り、やり甲斐がある方も多くいらっしゃいます。さらにもう1つ、管理会社に支払う手数料が不要というのも大きな魅力ですね。

その一方で、現代においては賃貸管理業務にも、専門家によるプロのサービスが求められるようになってきています。人情や情熱は大切なことですが、それだけで行っていくのは困難ですよね。以下のページにて、個人管理のメリットとデメリットについて、より詳しく掘り下げてご紹介しています。ぜひご覧ください。

>自主管理のメリットとデメリット

実は入居者募集から家賃徴収、トラブル対応といった、賃貸管理をすべて無料で行ってくれるケースがあるのをご存知でしょうか?なぜ、そんな特別な条件を実施してもらえるのか…その理由もぜひ知っておいてください。どのようなメリット・デメリットがあるのかもチェックしておきましょう。

<<賃貸経営の管理費が無料!?詳しくはこちら>>

管理スタイル徹底比較