そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
賃貸経営ガイド トップページ » 一般管理の特徴

一般管理の特徴

賃貸経営の一般管理、その特徴や概要は?

このカテゴリでは、賃貸経営の管理手法のひとつである一般管理について、特徴や概要などをまとめています。

賃貸管理における一般管理とは、「一般」という名称からもわかる通り、現在の賃貸経営管理では最もスタンダードな方式と言えるもの。この一般管理方式を行っているケースは、全体の8~9割と言われているくらいポピュラーな方式です。

仕組みを簡単に言うと、物件オーナーが賃貸管理会社に一定(後述します)の業務委託料を支払うことで、入居者の募集や家賃の徴収、クレームやトラブル対応といった各種の管理業務を委託・代行してもらうという方式です。また多くの場合、オーナーと入居者の間で直接賃貸契約を結ぶ方式となっており、管理会社はあくまでサポート役という立ち位置になります。

より詳しく見ていきましょう。まず一番気になるのは、委託手数料はどれくらいなのかという点。

これは、

  • 委託する業務の種類や範囲
  • 依頼する賃貸管理会社

により異なります。ひとつの目安としては、賃料の5%~10%程度です。業者選びの際はそのパーセンテージだけでなく、どこまでの内容がカバーされているのかも考慮することが大切です。

多くの場合、入居者の募集や賃料の収集、トラブルやクレームなどに対応しています。しかし業者によってオプション扱いになっている場合もあるので、以下の点に注意しましょう。

  • 管理業務に特化し、入居者募集は外部の不動産業者に委託というケース。
  • 建物や設備の清掃や点検・保守といった業務が初めから組み込まれている。
  • 手数料の大小だけにとらわれず、カバーしている業務範囲と照らし合わせて決めることが重要です。

「一般管理方式」は賃貸経営のポピュラーな方式ですが、デメリットもあります。多数派だから選ぶのではなく、前もってデメリットも把握しておくことが、後のリスク回避や軽減に重要になってきます。以下のページにて、一般管理のメリットとデメリットについて解説していますので、ぜひご覧になってみてください。

一般管理のメリットとデメリット

そしてもうひとつ、一般管理を委託する場合には前述の通り、賃料の数%を委託料として業者に支払う必要がありますが、その費用が無料になるケースがあるのをご存知でしょうか?もちろん、ある条件をクリアする必要はありますが…そうしたやり方もあるということを、ぜひ知っておいてください。

賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi

【免責事項】
「そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド」は、個人が情報を収集しまとめているサイトです。
情報は2017年6月のものですので、最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド