そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
賃貸経営ガイド トップページ » 一般管理の特徴 » 一般管理のメリットとデメリット

一般管理のメリットとデメリット

ここでは、賃貸経営における一般管理について、その概要やしくみ、デメリット・メリットについて解説していきたいと思います。

「一般管理とは」のページでも触れています通り、とある調査によれば、賃貸経営においてこの一般管理方式で運営を行っている大家さんは、8割とも9割とも言われ、大多数を占めているという実績があります。賃貸管理にはサブリースや自主管理といった方法もありますが、より多くのケースに適しているのは、この一般管理方式と言えるのではないでしょうか。

ただし、世の中の常として、どんなシステムも完璧ということはなく、メリットもあればデメリットもあるというのが現実です。賃貸経営の一般管理についても然り。大多数の大家さんが利用している方式ではありますが、だからといってデメリットを気にしないというのは、いささか能天気過ぎます。デメリットもしっかり把握した上で、その方式を選ぶかどうかが重要になってきます。では、具体的に見ていきましょう。

一般管理のデメリット

空室リスクあり

サブリースとは異なり、避けられないのが空室リスクです。満室状態を保持できている場合は収益率が高くなる反面、いちど空室が発生してしまうと収益性は大きく狂ってしまいます。それゆえに、委託する管理会社の集客力や物件の立地、賃料などもしっかりと考慮しておくべきです。

管理費用は必要

自主管理の場合は管理業務をご自身で行うため、費用は不要です。しかし、一般管理の場合は、サブリースほどの金額ではないものの、一定の管理費用を業者に支払う必要があります。特に会社員などの本業をお持ちの方であれば、これは必須の費用と言えます。

しかし、一般管理業務を依頼する場合でも、特定の条件を満たしていれば、管理費用が無料になるというケースが、実はあります。サブリース方式ではないので、空室リスクはありますが、管理費が無料というのは、大家さんにとって大きな魅力であることは間違いないです。その方式についても、ぜひ知識を得ておいてください。

<<賃貸経営の管理費が無料!?詳しくはこちら>>

一般管理のメリット

一般管理のメリットはなんといっても、自主管理のように各種の業務に手間暇をかける必要がなく、満室を維持できている場合はサブリースよりも高い収益性が望めるということです。オーナーと入居者が賃貸契約を直接取り交わす方式ゆえに、家賃や敷金・礼金の取り決めも物件オーナーの主導で決めることができます。

賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi

【免責事項】
「そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド」は、個人が情報を収集しまとめているサイトです。
情報は2017年6月のものですので、最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド