そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは
賃貸経営ガイド トップページ » 賃貸経営におけるサブリース契約とは

賃貸経営におけるサブリース契約とは

このカテゴリでは、賃貸経営の際に必ず知っておきたい「サブリース契約」についてまとめています。

サブリース契約はオーナーにとって有益か?

賃貸経営は、入居者の募集から始まり賃貸借契約や物件の管理、トラブルやクレーム対応など、多岐にわたる業務をしなくてはなりません。

それらの煩雑な実務を任せられる方法のひとつに「サブリース契約」があります。

不動産業界で広く使われるようになったサブリース契約は、いわゆる「又貸し」のことで、サブリース会社がオーナーから賃貸物件を一括で借り上げて、第三者の入居者に転貸します。入居者の募集や集金業務、退去の手続きなど、賃貸契約に関する業務はサブリース会社がおこないます。

多くの場合、空室保証や家賃保証のサービスが付帯しており、実際に入居者が入っていない期間でも管理会社が代わりに賃料を負担してくれます。サブリース契約で保証される賃料は、家賃の80%~90%ほどが相場のようです。

「サブリース契約を利用すれば、限りなく不労所得に近い状態を実現でき、空室や家賃滞納が出てしまっても安定的な収入を見込める」と思われるオーナーも多いかもしれません。

確かにサブリース契約は賃貸経営者にとって嬉しいうたい文句が並んでいますが、安易にサブリース契約をしてしまうと失敗をするかもしれません。オーナー側だけ一方的に優位な契約があるはずは無く、当然サブリース会社も利益確保の仕組みがあるのです。

このカテゴリでは、サブリース契約について、その詳しい仕組みやメリットデメリット、実際にサブリース契約をした賃貸経営者による口コミなどを紹介しています。これから賃貸経営を検討されている方はもちろん、サブリース契約を考えている方も、ぜひ詳細を理解する参考にしてください。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド