そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは

サブリースの口コミ・評判

実際にサブリース契約をした賃貸経営者の口コミ・評判を紹介しています。

サブリース契約を利用したオーナーの口コミ・評判

  • サブリース契約中で、家賃保証がされたマンションを購入しました。はじめは計画通りに家賃が入金され、マンション購入時のローン完済が年金受給開始前の予定でした。しかし、更新時にサブリース契約をしている管理会社から、賃料相場の下落に伴い保証賃料を10%下げる内容が通知されました。賃料収入が下落したことにより当初の計画が狂ってしまい、ローンの完済が年金受給開始に間に合わなくなりました。

  • 入居者が入れ替わる時のハウスクリーニングやリフォーム費用が、どちら負担なのか必ず確認すべきです。私は、サブリース会社から一方的にハウスクリーニング費用を抜いた家賃を振り込まれた経験があります。契約書で取り決めていなかったこちらにも落ち度はありますが、当然のように差し引いた金額しか支払われなかったことは納得できなかったです。

  • ある日、サブリース会社から設備の修繕報告がきました。経年劣化による設備の修繕は、通常の管理委託した場合と同じく、オーナー負担であることは契約でも確認しておりました。驚いたことは、サブリース会社の発注した修理料金が高かったことです。管理も修理業者の手配もお任せできるのは手間がはぶけますが、頼む業者を比較検討できないのは不満です。

  • サブリース契約をあつかっているハウスメーカーから、所有していた土地にアパートを建てないかとサブリース契約とセットですすめられました。仕事をしていましたし、大家としての経験も無かったので、サブリース契約とセットで見積もりを出してもらいました。あまりにも高い工事費用に驚いたのですが、もし家賃保証でサブリース会社に損が出ても工事費用で補うために、グレードの高い建物を薦めてきたのだと思います。

  • サブリース契約は家賃保証がされて管理も必要ないと聞き、とても魅力的に見えました。入居者の募集や管理をする必要がないのは、確かにメリットだと思います。でも、契約更新のたびに設定した家賃が下がるのは悲しいですね。まわりの家賃相場が下がってきたり、老朽化では仕方ないところもありますが、家賃減額を承諾しないと契約が打ち切りになることや、契約によっては違約金を取られることもあります。管理業務ができない私は、契約をいきなり切れたら困るので泣き寝入りの状態です。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド