そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド
そこが知りたい! 賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
あらためて確認を!賃貸物件を貸すまでの流れ
見逃し厳禁!賃貸経営における空室対策の極意
賃貸経営の基礎知識~空室率が低い物件とは~
特集 全物件仲介手数料無料!ノーリスクの空室対策・ウチコミとは

手数料を調査

ウチコミ!を利用する際、オーナーが支払う手数料についてまとめています。

賃貸不動産の広告料とウチコミ!の利用手数料について

不動産会社が借り手と貸し手から受け取る仲介手数料の総額は、家賃の1カ月以内と宅地建物取引業法(宅建業法)で決められています。

しかし、アパートやマンションなど賃貸物件の空室対策のために、多額の広告料を投じているオーナーも少なからずいます。賃貸経営の強い味方・ウチコミ!の利用料とは

中には、家賃の2~3カ月分を広告料名義で支払っているオーナーもいるようです。本来、広告料は仲介手数料に含まれるもの。

しかし大空室時代とも言われる現在、入居者を獲得するためには少なくない広告費が必要になります。そのため、変則的な形でオーナーから料金を徴収している不動産会社も、少なからず出てきているというわけです。

その点ウチコミ!は、広告活動を行う場を提供するサービスであり、広告活動(物件情報の掲載等)はオーナーが行います。

利用にあたっての費用もとことん抑えられており、登録料や利用料などの手数料は一切かかりません。しかも、掲載できる物件数は無制限。

費用としてかかるのは、契約が成立した際に支払う仲介手数料のみです。つまり、無駄な広告料は一切払う必要がありません。

また、ウチコミ!に登録している入居希望者は、仲介手数料が無料となっています。最近、仲介手数料「最大」無料などの広告を出している不動産会社も増えていますが、ウチコミ!の場合は例外なく「全物件完全無料」なのです。

こうした点も、オーナーはもちろん、入居希望者のニーズを的確につかんだサービスと言えます。

オーナーが主役!新時代の賃貸経営とは
従来の不動産取引では、賃貸経営の要ともいえる空室対策を、不動産会社の広告力に頼る必要がありました。
しかし情報化の恩恵により、大きなネットワークに向かってオーナー自身が物件をアピールできる革新的な広告媒体が出現してきています。
オーナー自身が広告を打てば、杓子定規だった不動産広告も、入居希望者の多様化するニーズにしっかりとマッチングしていくことでしょう。
今のところその筆頭格は「ウチコミ!」というサービスですが、国交省が不動産のネット取引解禁の方針を固めたことにより、この流れはさらに加速するものと思われます。
今のうちから新たな広告チャンネルを確保し、時代に先んじた空室対策を実践してみてはいかがでしょうか。
オーナーさん必見!ノーリスクの集客サービス・ウチコミをチェック
 
 
このページの先頭へ ▲
そこが知りたい!賃貸経営まるわかりガイド 賃貸経営パーフェクトNavi
そこが知りたい!賃貸経営(マンション経営・アパート経営 )まるわかりガイド