賃貸経営ガイド トップページ » 【番外】賃貸経営の「女性オーナーにミミヨリ!」情報

【番外】賃貸経営の「女性オーナーにミミヨリ!」情報

賃貸経営を行う女性が、知っておきたいあれこれ

このカテゴリでは、賃貸経営を目指す女性のために、知っておきたい各種の情報やポイントなどを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

それこそ今に始まったことではなく、以前からメディアで盛んに報じられている通り、少子高齢化による年金制度の不透明さや、金融機関における超低金利状態など、老後の資産形成は、大いに不安がつきまとっています。不動産投資・賃貸経営というものは、ローリスク・ミドルリターンという性質もあり、私的年金としての約割が大いに期待されています。

一方、女性の意識にも大きな変化が見られるようになった現在。結婚を人生の最終目標とせず、独身を貫く方や離婚を経験して男性に依存しない生き方を選択する方も増えてきています。そんな女性にとって、賃貸経営はまさにうってつけ。決して女性にとってハードルが高いということはなく、むしろおススメで、なおかつ女性ならではの視点や感性などを活かせるフィールドでもあるのです。そうしたポイントについて、まずは概要からご紹介していきましょう。

いざ、老後マネー計画!おひとりさま女性の賃貸経営学

実は女性が受け取れる厚生年金は男性より低く、また60歳から84歳までに必定な生活費はおよそ2,000万円が必要といった試算が出ています。そこでぜひ考慮しておきたいのが、他ならぬ賃貸経営なのです。ご存知の通り、賃貸経営というものは、不労所得が得られるという大きなメリットがあります。60歳で定年を迎え月々の収入が途絶えたとしても、年金だけに頼るよりは、はるかにゆとりが生まれます。

不動産投資が女性に向いている理由 TOP5

男性でもおいそれとは出来ないと思ってしまいがちな不動産投資ですが、むしろ女性こそ、不動産投資は行なっておきたいことなのです。例えば男性に比べて低くなりがちな賃金や年金。男性より長寿の傾向があり、不透明な年金をカバーするのに適している。ローリスク・ミドルリターンの性質により、老後資金を堅実にコツコツ貯められるなどが挙げられます。

女性視点で見る「満室になるマンション」のポイント

結婚をせず、あるいは離婚を経て独身を選択する女性は、賃貸物件にとって大事なお客様です。女性としてマンション経営を行うのであれば、同じ女性の視点として、女性入居者がどのようなニーズを入居物件に求めているか、物件にそうした付加価値を加えられるかが、入居率や定着率を高める大きなポイントになります。どのように「満室」を実現・維持するためには、女性ならではの視線を活かすべきなのです。

管理スタイル徹底比較