賃貸経営ガイド トップページ » 【番外】賃貸経営の「女性オーナーにミミヨリ!」情報 » いざ、老後マネー計画!おひとりさま女性の賃貸経営学

いざ、老後マネー計画!おひとりさま女性の賃貸経営学

独身女性の老後、その資金は賃貸経営で

このページでは、独身女性の老後資金という観点から、女性の資産形成にまつわる問題と、解決策としての賃貸経営という考えをご紹介していきたいと思います。

まずは、いささかショッキングな事実からお伝えしてしまいますが、女性が受け取れる厚生年金は平均すると男性よりも低いという事実があります。具体的な数字を挙げますと、男性が平均16万9,000円に対し、女性は平均10万2,000円という数字が厚生労働省の調査によって判明しています。

ちなみに、総務省の家計調査によると、60歳以上の女性単身世帯の平均消費支出は月15万円程度。年金支給開始前の60~64歳分の約900万円は用意しておく必要があります。

また、年金受給が始まった以降も、月々2万8,000円程度が不足、65~87歳までの生活費の補助として、約740万円が必要になります。プラス、入院などの予備費として300万円。合計すると、60歳の定年までに、2,000万円を用意しておかなければならない計算になります。もちろんこれは、定年の時点で持ち家があるという前提です。賃貸住宅の場合は、さらに家賃の支払い分が加算されていくという具合です。

いかがでしょうか?独身女性はもともと、貯蓄や節約に関する意識は高い傾向がありますが、こうした数字までは調べていなかったという方も多いのではないかと思われます。

ゆえに、「60歳の定年まで、2,000万円も貯めるなんて…」と思った方が大半かも知れません。そこでぜひ考慮しておきたいのが、他ならぬ賃貸経営なのです。

ご存知の通り、賃貸経営というものは、不労所得が得られるという大きなメリットがあります。60歳で定年を迎え月々の収入が途絶えたとしても、その時点で物件取得のローンを終えていれば、家賃収入はそのまま定年後の収入とすることができるのです。もちろん実際には、修繕費や空室となった場合に備えておくことは必要ですが、それを差し引いても、年金だけに頼るよりは、はるかにゆとりが生まれますね。そうしたことを踏まえると、賃貸経営というものは、大きな魅力があると言ってよいでしょう。

その一方で、賃貸経営にも管理の費用というものが発生します。一般管理やサブリース、自主管理といった方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。どれを選ぶかは慎重に判断すべきですが、中には賃貸管理を無料で行ってくれるケースというのもあります。そうした点もよくよく踏まえ、賃貸経営を行うことが賢明です。

<<賃貸経営の管理費が無料!?詳しくはこちら>>

管理スタイル徹底比較