賃貸経営ガイド トップページ » 【番外】賃貸経営の「女性オーナーにミミヨリ!」情報 » 不動産投資が女性に向いている理由 TOP5

不動産投資が女性に向いている理由 TOP5

 不動産投資を女性におすすめする理由とは?

このページでは、不動産投資が女性に適している、おすすめできるという理由について、詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。

率直に言ってしまいますと、不動産投資というものは男性でもおいそれとは出来ないと思ってしまいがち。女性においてはなおさらかもしれません。しかし、不動産投資というものは、むしろ女性(特に独身女性はなおさら)こそ、運用しておきたいことなのです。その理由について、詳しくみていきましょう。

その1:収入や年金受給額が、男性よりも低くなりがち

一般的な傾向として、女性は同じ職種や同じ能力であったとしても、男性より収入額が低くなりがちという現実があります。またそれに伴い、将来もらえる厚生年金受給額も、男性よりは低くなってしまいます。その点、不動産投資というものは、建物の維持管理をしっかり行えば、そうした収入不足を補え、経済的にも精神的にも、大きなゆとりを生み出してくれます。

その2:公的年金制度そのものの不透明さ

かねてより言われていることではありますが、少子高齢化が進む現在の日本においては、年金制度そのものが、現状のまま続くという保証はありません。私的年金を確保しておくことの重要性が指摘され続けています。その点、なるべく若い年齢の時から不動産投資を始めておけば、安定した家賃収入をキープでき、私的年金として備えておくことができます。ましてや女性は男性よりも平均寿命が長いので、なおさらと言えるのです。

その3:ローリスク・ミドルリターンのメリット

株式投資や外国為替(FX)取引は、儲けられる可能性が高い反面、損をするリスクとも隣合わせです。また経済や市場動向、世界情勢といった専門知識も必要となります。一方、元本保証のある定期預金にリスクはそれほどなく、リターンの高は知れています。その点、不動産投資は最低限の専門知識さえあれば、中長期的に安定したリターンを得ることができ、地道に資産形成が行えます。そうした傾向も、男性よりは射幸心が低いとされる女性に向いていると言えます。

その4:シングル女性の増加と、女性ならではの視点の活用

ひと昔前とは異なり、結婚は女性にとっての最終目標でなくなっているのはご存知の通りです。生涯独身で通す方、離婚して独身やシングルマザーとなる方も増えています。すなわち、賃貸物件を求める女性も増えており、女性目線での物件選びを行うことで、そうしたニーズを踏まえた賃貸経営を行えるということになります。

その5:自己所有の住居を確保できる 

賃貸経営の物件を確保しておけば、その1室を住まいとすることができます。たとえば、どういうときに必要かというと、

  • 賃貸経営を行う物件とは、別の物件を住まいとしているという場合。
  • 夫との離婚や死別、あるいは何らかの理由による場合。
  • 高齢により賃貸物件が借りられない場合。

それまでの住まいを退去しなければならない場合でも安心。リスクを回避することができます。

管理スタイル徹底比較